おかげさまで周年
メーカー正規品保証 全国送料無料 最短3日でお届け 安心梱包 オオサカ堂スタッフブログ クレジットカード払い 銀行振り込みも対応

コロナ対策に知っておくと良いかも!?薬剤やサプリいろいろ

   

この記事は 約5分 で読めます。

皆さん、こんにちは。オオサカ堂です。

全世界的に、感染力および重症化させる度が一段と高くなったデルタ株が猖獗(しょうけつ)をきわめている現在。待ちに待った東京オリンピックの中継が、どこかシュールレアリスティックにも感じられます。

さて、まだ今のところ、ワクチン接種が急ピッチで進むばかりで、新型コロナの治療薬は開発されていません。しかし巷では、もしかしてコロナ対策に良いかも!?という薬剤やサプリメントが話題に上がっているようです。噂ていどのものもあれば、これは有力!というものまでイロイロ。今回のオオサカ堂ブログは、そんなアイテムいくつかをご紹介したいと存じます。

■じつはイロイロある薬剤や成分、ハーブなど

Covid-19の治療や予防への有用性が指摘されている薬剤や成分、ハーブ、サプリメント、じつはけっこう沢山あります。こちらタイ王国のメディカルニュースサイトによると、以下のような医薬品や成分、ハーブ、サプリが挙げられています。とても数多いので、オオサカ堂で取り扱いのあるものだけを選出しました。

エキナセア、イベルメクチン、カラギーナン、ブデソニド、フコイダン、ビタミンD、ケルセチン、メラトニン、オメガ-3脂肪酸、NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)、ビタミンB12(コバラミン)、セレン、コルヒチン、ファモチジン、アスピリン、メトホルミン、シクレソニド、テトラサイクリン、フェノフィブラート、セレコキシブ、プラゾシン、レスベラトロール、緑茶、キャッツクロー、シリマリン、NAC(N-アセチルシステイン)、ビタミンB1。

これらはどれも抗寄生虫薬であったり、鼻腔スプレーであったり、喘息薬であったり、睡眠誘導サプリ、頭痛薬、糖尿病薬、吸入ステロイド、抗生物質、高脂血症治療薬、抗炎症薬、高血圧薬、ポリフェノール、ハーブ、植物性化学物質などなどで、いずれもコロナの治療薬として開発されたものではありません。

小規模な実験が行われた結果、あくまでも「可能性がある」というレベルの話で、大規模かつ厳密な治験や査読を経たものは未だ少ないはずです。

(参照:Thailand Medical News

■既存薬再利用という考え方

「既存薬再利用(再開発・転用)」は、英語だと「ドラッグ・リポジショニング(Drug Repositioning)」あるいは「ドラッグ・リパーポジング(Drug Repurposing)」といいます。

これまで安全に使われてきた「既存薬(既承認薬)」を再評価し、本来の治療目的とは異なる、新しい治療用途に充てる考え方です。

新しい薬の開発には莫大な費用と時間がかかりますが、既存の薬が何らかの別の病気の治療に役立つとなれば、それを再利用しない手はありません。既存の薬は服用実績の積み重ねがあり、副作用の程度もよく知られ、かつとても安価。

利益を上げたい製薬会社(及びこれと紐づいた官僚や政治家)の立場からすると、難色を示したくなるのかもですが、今般の状況のように人命がかかっている緊急事態をかんがみれば、再利用の検討はウルトラ大切&賢明な判断といえるのではないでしょうか。

■とくに有望視できるものとは?

と書きながら、専門家でもない筆者に分かるはずもありません。というわけで、「漢方がん治療」を考えるというサイトを参考とさせていただきます。

★メトホルミン★

糖尿病薬のメトホルミンはもともと、抗インフルエンザウイルス薬として導入され、血糖値降下は副作用の一つにすぎなかったそうです。ということはもしかして、抗コロナウイルスの働きも期待できるのかもしれません。メトホルミンは糖尿病薬ですが、糖尿病ではない方も服用することができ、「がん予防や抗老化や体重減少や寿命延長の目的で服用している人」がかなりいらっしゃいます。

(参照:「漢方がん治療」を考える

★イベルメクチン★

抗寄生虫薬のイベルメクチン。「新型コロナウイルスの複製を阻止する」可能性が指摘されています。また、病気の期間を短期化し死亡率を低下させるとも。「イベルメクチン予防プログラムに参加しているアフリカの国は、参加していない国と比較して、COVID-19発症率が有意に低い」など。日本の医薬品メーカーである「興和」が先月、イベルメクチンをコロナ治療に使うための臨床試験を開始しました。最有力候補といえます。

(参照:「漢方がん治療」を考える

★メラトニン★

メラトニンは脳の松果体で分泌されるホルモンですが、睡眠誘導や概日リズムの制御の働きによって、不眠でお悩みの方に人気のサプリ。いわゆるサイトカインストームの発生を防ぐ作用によって、「重症化を予防する」可能性が報告されています。メラトニンは25億年前から存在する、生物最古の抗酸化物質。その長い進化の過程で様々な作用を獲得してきたメラトニンのもつ免疫・生体防御パワーは、相当に頼り甲斐のあるものかもしれません。

(参照:「漢方がん治療」を考える

★ホスホジエステラーゼ5阻害剤★

ホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害剤とは、バイアグラやシアリス、レビトラなどのED(勃起不全)治療薬のこと。珍珍に効く薬がコロナに効くなんてそんな珍妙な話は信じられるかよ!という方は、上記サイトをよくご参考ください。「血管内皮細胞保護作用や心筋保護作用や免疫増強作用などの作用が期待できる」ことが明らかになっています。

(参照:「漢方がん治療」を考える

以上、本日のオオサカ堂スタッフブログは、コロナ対策に知っておくと良いかも!?なアイテムのご紹介でした。

紹介させていただいた商品はすべてオオサカ堂にて取り扱いがありますが、併用禁忌や相互作用の懸念もゼロではありませんので、各アイテムの注意事項をよく理解した上で、自己責任でご利用ください。

 - その他 , , ,

  関連記事

肌荒れ知らずの春肌づくり

この記事は 約5分 で読めます。 桜の開花もちらほら もう 春 なんだなって実感する今日この頃・・・ でも、 春になるとなぜか急にお肌の調子が悪くなる という方はおりませんでしょうか?   …

食べて体型コントロール→プロテインレシピいかがですか?

この記事は 約3分 で読めます。 皆さんこんにちは。オオサカ堂です。 ダイエット。多くの皆さんが一度は考えたこと、実行したことがあるのではないでしょうか。 リンゴダイエット、寒天ダイエット、バナナダイ …

春のつらーい「気象病」。3つの対策はコレ

この記事は 約3分 で読めます。 こんにちは。オオサカ堂です。 上着もいらないくらいポカポカ陽気になったかと思えば、気温がズドーンと下がって真冬並みの寒さになるなど、天気にもてあそばれる今日この頃。 …

無表情の左顔と一緒に暮らすとどうなるの??

この記事は 約3分 で読めます。 こんにちは。オオサカ堂スタッフPです。 3週間ほど前のことなんですが、朝ごはんを食べようと、おにぎりをパクっと口に入れようとしたところなぜかうまく噛めずに床に落として …

妊娠中のエクササイズ TOP5

この記事は 約3分 で読めます。 春の訪れも近い早春の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて本日は、オオサカ堂のお客様に、妊娠されている方が多いかどうか実は分からないのですが(汗)、妊娠中の女性に最 …

貼るだけでOK!パッチ型サプリのご紹介♪

酷暑を乗り切る!手作り涼感アイテムで暑さ対策