おかげさまで周年
メーカー正規品保証 全国送料無料 最短3日でお届け 安心梱包 オオサカ堂スタッフブログ クレジットカード払い 銀行振り込みも対応

やっぱり飲んじゃう年末シーズン?対策はお早めに

   

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

皆さんこんにちは。

新型コロナに振り回された2020年も11月。年末シーズンへと突入してまいりました。

いまだ自粛・自制の必要性は求められるものの、経済活性化のため、積極的に外食産業への貢献はしていきたいものです(`・ω・´)

しかし、だからと言って飲みすぎは不健康のもと。欲求をそこそこ抑えつつ、サプリなどで体調面を整え、または翌日のケア準備を万全にし、楽しく年末を迎えましょう♪

覗いてらっしゃい♪
オオサカ堂のアルコール対策商品はコチラ!

普段からの対策で酔いに強い体に!
L-オルニチン(Swanson)

スワンソン社のサプリメントです。肝臓の働きをサポートするオルニチンが1粒当たり500mg含まれています。

オルニチンは、肝臓に蓄積された人体に有害なアンモニアを尿素に変換。解毒する作用があることから、肝機能の健康維持に役立つ成分です。

また、アンモニアは体内に過剰にたまると疲労を感じる原因になるため、オルニチンが持つアンモニアへの働きかけは、疲れのケアにも役立ちます。

急な飲み会発生!でも焦らない焦らない♪
ハングオーバープロテクションパッチ(パッチMD)

人気の貼るタイプのサプリメントです。

頭痛や吐き気など、二日酔いの原因物質、アセトアルデヒドに働きかけるとされるビタミンB群を配合。さらに、メキシコで二日酔い治療に使用されているウチワサボテンのエキスも含まれています。

肝臓ケアに働くとされるタウリンやシリマリンも入っているなど、のん兵衛には実に見逃せないアイテム!

飲み会前にサッと貼ることで、翌日の不快感をケアします。成分を摂り込みやすい経皮吸収である点もポイントです♪

続く飲み会?ダメージケアには
シリマリン70mg

アルコールによる肝臓のダメージを回復する肝機能改善が期待できます。シリマリンを有効成分としています。

シリマリンはマリアアザミ(別名「ミルクシスル」)という、キク科の植物の種子に含まれるフラボノイド混合物。

自生するヨーロッパでは古くからハーブとして利用されてきた成分で、解毒作用のある肝臓のサポートや、アルコールから肝臓を守る働きがあるとされています。

副作用がほとんどない点も安心です。



ちなみに・・・二日酔いの頭痛を緩和するツボがあり、

首の後ろの髪の生え際にある「天柱(てんちゅう)」というそうです。

ツボを押す際には、人差し指・中指・薬指の3本を揃え、中指が当たるような感じで軽く押しまわしていくのがポイントとのこと。ぜひお試しを。

オオサカ堂でした!


参考URL:
NHK二日酔いのきくツボ
https://www.nhk.or.jp/lifestyle/article/detail/00032.html

 - オススメ商品 , , , , ,

  関連記事

世界最大級?“超”ビッグサイズのスキンケア商品がオパシーから登場♪

“超”ビッグサイズのあぶらとり紙、『オパシー・あぶらとり紙』を紹介しています。オオサカ堂で取り扱いを開始した本品は、サイズのほかにも、素材や作りにこだわりがあり、その魅力を伝える内容となっています。

毛活サプリの組み合わせ。みなさんのおすすめは??

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。 こんにちは。オオサカ堂スタッフPです。 薄毛に悩む多くの方からのご利用をいただいているオオサカ堂ですが、当のP自身もけっこう前から人生のテーマの一つです …

筋肉や関節のケアに役立つ「GoodOldGerman」シリーズ商品、取り扱い開始!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。 みなさま、こんにちわ。オオサカ堂です。 アツ~い気候がまだまだ続きますね。 くれぐれも体調管理にはお気を付けください。 さて、健康維持に大切なことの一つ …

お酒で記憶を無くさないために!アノ食材と、オオサカ堂を活用♪

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。 皆さまこんにちは、オオサカ堂です。   突然ですが、お酒を飲んで記憶をなくしたこと、ありますか? ワタシはあります。しかもしょっちゅう(泣)。 …

★オオサカ堂厳選★生活習慣の改善に有用な3つのサプリ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。 こんにちは、オオサカ堂です。 今回のオオサカ堂スタッフブログでは、生活習慣の改善に有用な 3つのサプリメントを紹介します。 毎日の健康維持に役立つ商品、 …

もうすぐ米大統領選!トランプvsバイデン、不健康なのはどっちだ!?

11月12日はいい皮膚の日!健康な皮膚に欠かせない「肌のバリア機能」とは?